人間福祉学会

  1. Home
  2. 学会誌

学会誌

学会誌の投稿手続き

第17巻第1号申し込み締め切り日:2017年8月31日(水)

「人間福祉学会誌」研究論文投稿規定論文、報告、論説およびその他の執筆要領 に従い、以下の申込用紙と原稿(3部と電子データ)を提出。

「人間福祉学会誌」研究論文投稿規定

1 目的・内容
「人間福祉学会誌」に掲載する研究論文は、人間福祉の発展に寄与することを目的に、広く人間福祉に関する研究成果を掲載・発表するものである。
2 投稿資格
研究論文を投稿できる者は、本学会の会員とする。ただし、共著の場合、論文筆頭者以外はこの規定に必ずしも拘束されない。
3 研究論文の種類
「人間福祉学会誌」には、「論文(Original Articles)」「報告(Research Report)」「論説(Review Articles)」の各欄を設ける。いずれも未発表の原稿とする。ただし、本学会主催の研究部会における報告、シンポジウム、国際会議等での発表は「人間福祉学会誌」に応募することができる。
4 研究原稿のページ数
研究原稿の本文の長さはその上限を下記のページ数とする。ただし、これには図表、写真、引用文献を含む。なお、原稿が制限枚数を超えた場合やカラー印刷を要する場合などは、実費負担とする。
1)論文 400字詰め原稿用紙 40枚以内
ワープロ又はパソコンで作成する場合は、縦置きA4判用紙1600字(40字×40行)で印字した用紙で10枚以内
2)報告 400字詰め原稿用紙 25枚以内
ワープロ又はパソコンで作成する場合は、縦置きA4判用紙に1600字(40字×40行)で印字した用紙で6枚と10行以内
3)論説 400字詰め原稿用紙 25枚以内
ワープロ又はパソコンで作成する場合は、縦置きA4判用紙に1600字(40字×40行)で印字した用紙で6枚と10行以内
5 投稿の手続き
投稿を希望する者は、あらかじめ所定の用紙にて投稿の申込みを行わねばならない。
6 研究原稿の審査
研究原稿の可否は、論文審査委員会が所管する審査によって決定する。投稿された論文が「論文」「報告」「論説」のいずれであるかの区別については、投稿者の意志を確認のうえ、論文審査委員会において最終的な決定を行う。
論文審査委員会は、投稿された原稿について訂正を求めることがある。訂正を求められた原稿が指定日をこえても再提出されない場合、論文審査委員会は投稿の意志なしとみなすことがある。
また掲載が決定された研究論文は、論文審査委員会の承認を経ずに変更してはならない。
7 投稿原稿の提出
1)投稿原稿は、コピーを含めて3部提出する。また、原稿をワープロ又はパソコンで作成した場合には、電子データ(メール添付可)を合わせて提出する。
2)投稿原稿の提出先は、人間福祉学会事務局(中部学院大学総合研究センター内)とする。
8 掲載別刷料
論文が掲載された者には、別刷を30部進呈する。30部以上の別刷を希望する場合は、50部単位で作成し、別刷料は自己負担とする。

論文、報告、論説およびその他の執筆要領

1 論文の体裁は
1)1枚目に、①表題(欧文表題併記)、②著者名(ローマ字併記)、③所属
2)2枚目に、④和文抄録(400字以内)、⑤キーワード(3から5語以内)
3)続いて、⑥本文(図、表、写真を含む)、⑦引用文献、
4)最後に(頁を改めて)、⑧英文抄録(200語以内)、欧文キーワードとする。
2 報告、論説などの体裁は、論文に準じる。
3 図(写真)、表は説明を付け、挿入箇所を原稿の「図表指定欄」に指示する。ただし、図表、タイトルおよび説明等は、以下の順とする。
【図の場合】図版の下に、図の注、図の説明、出典そして段をかえて図のタイトル
【表の場合】表タイトルの下に表本体その下に表の注、説明、出典
4 文献の記載は、日本語、外国語を問わず引用順に番号を付けて記載する。また、本文中の引用箇所に肩番号を付ける。
5 文献の表記は次のように記述する。
【単行本の場合】著者名:署名、発行所、頁-頁(西暦発行年)
1)中部太郎:21世紀の人間福祉、済美学院出版会、1頁-25頁(2001)
2)Chubu,T.:Human Welfare of the 21st Century. Seibigakuin Press.pp.1-25(2001)
【雑誌の場合】著者名:表題、雑誌名、巻(号)、頁-頁(西暦発行年)
ただし、通巻頁の場合は号不要とする。
1)中部太郎:人間福祉の理念。人間福祉学、第1巻第1号1頁-21頁(2001)
Chubu,T.:Idea of Human Welfare. HUMAN WELFARE 1(1).pp.1-21(2001)
6 著者が複数の場合は、一人の著者名を記載して“ほか”あるいは“et al”とする。
1)中部太郎ほか:人間福祉の理念。人間福祉学、第1巻第1号1頁-21頁(2001)
2)Chubu,T. et al.:Idea of Human Welfare・・・・・