人間福祉学会

  1. Home
  2. 会則

会則

第1章 総則

名称

第1条
本会は、人間福祉学会(Society of Human Well-Being)と称する。

事務局

第2条
本会の事務局は、岐阜県関市桐ヶ丘2-1 中部学院大学内に置く。

目的

第3条
本会は、人間福祉に関する研究・開発の促進を図り、もって人間福祉の充実発展に寄与することを目的とする。

事業

第4条
本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行なう。
  1. 大会(研究発表会および学術講演会等)の開催
  2. 会報および論集の刊行
  3. 共同研究
  4. 国際交流
  5. その他、本会の目的を達成するための事業

第2章 会員

会員

第5条
本会の会員は、次の通りとする。
  1. 正会員
  2. 学生会員
  3. 海外会員
  4. 名誉会員
  5. 賛助会員
2
本会会員は、本会が企画する事業に参加し、また、本会が刊行する論集に研究成果等を投稿することができる。

正会員

第6条
正会員は、人間福祉およびこれに関連する研究に従事し、または、これに関心を有する者とする。

学生会員

第7条
学生会員は、人間福祉およびこれに関連する分野を学ぶ学生および大学院生とする。

海外会員

第8条
海外会員は、正会員の推薦に基づき、理事会で承認された者とする。

名誉会員

第9条
名誉会員は、本会の発展に著しく貢献、あるいは社会的業績などが顕著である者で、理事会で推薦し、総会で認めた者とする。

入退会

第10条
本会へ入会を希望する者は、所定の書面による入会手続を経て、理事会の承認を得なければならない。
2
退会を希望する者は、所定の退会手続きをし、理事会の承認を得るものとする。

会費

第11条
本会の会員は、会費を納入しなければならない。入会費および年会費は次のとおりとする。
  1. 正会員:入会費5,000円、年会費5,000円
  2. 学生会員:入会費2,000円、年会費3,000円
  3. 海外会員:入会費免除、年会費:免除
  4. 名誉会員:入会費免除、年会費:免除
  5. 賛助会員:年額(一口10,000円)

会費の未納者

第12条
会費を3年以上滞納した者は、本会を退会したものとみなす。

賛助会員

第13条
賛助会員は、本会の趣旨に賛同し、本会の事業を支援する個人または団体とし、理事会で承認された者とする。

第3章 総会

総会

第14条
総会は、毎年1回開催する。
2
必要あるときは、臨時に総会を開くことができる。
3
総会は、理事長が招集する。

審議事項

第15条
総会は、本会の正会員により構成する。
2
総会は、本会の事業および運営に関する次の事項を審議する。
  1. 事業計画および予算
  2. 事業報告および決算
  3. 理事および監事の選出
  4. 会則の変更
  5. その他本会の運営上重要な事柄
3
総会の議長は、理事長が務める。

議決

第16条
総会の議事は、出席正会員の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

第4章 理事会

理事会

第17条
理事会は、理事より構成する。
2
大会会長、および次期大会会長は、理事会に出席することができる。
3
監事は、理事会に出席することができる。
4
幹事は、必要に応じて理事会に出席することができる。
5
実行委員長は、事業遂行のため理事会に出席することができる。

審議事項

第18条
理事会は、次の事項を審議する。
  1. 総会に提議する議案
  2. 理事の役割分担
  3. 本会の事業の企画および運営
  4. その他本会運営に関する日常的な事項
2
理事会の議長は、理事長が務める

議決

第19条
理事会の議事は、理事の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

第5章 役員

役員

第20条
本会に、次の役員を置く。
理事長 1名
副理事長 2名
理事 10名以上15名以下。なお、理事長は、その他に理事3名以内を推薦することができる。
大会会長 1名
次期大会会長 1名
監事 2名

役員の選出

第21条
理事長は、理事の互選による。
2
副理事長は、理事会において推挙し、理事長が委嘱する。
3
理事および監事は、正会員の中から選出する。
4
大会会長、および次期大会会長は、理事会において推挙し、理事長が委嘱する。

(役員の任期)

第22条
役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。
2
役員が任期中に退任した場合は、その後任者の任期は前任者の残任期間とする。
3
大会会長、および次期大会会長の任期は、それぞれ1年とする。

役員の職務

第23条
理事長は、本会を代表し、会務を総理する。
2
副理事長は、理事長を補佐し、会務を処理する。
3
理事長に事故あるときは、あらかじめ理事長の指名した副理事長がその職務を代行する。
4
大会会長は、大会を主宰する。次期大会会長は、次年度の大会の準備に務めるとともに、次年度大会を主宰する。
5
監事は、本会の事業内容および会計を監査する。

第6章 顧問

第24条
本会に、顧問若干名を置くことができる。
2
顧問は、必要のあるときは理事会に出席し意見を述べることができる。
3
顧問は、理事会の議を経て会員の中から理事長が委嘱する。

第7章 実行委員会

実行委員会

第25条
本会が主催する各種事業を行うために、必要に応じて実行委員会を置くことができる。
2
実行委員会の設置は、理事会の議を経て定める。
3
実行委員会の委員長は、理事会の推薦に基づいて理事長が委嘱する。
4
実行委員会の委員長は実行委員会を組織し、事業の遂行にあたる。
5
実行委員会の委員長の任期は1年とし、再任を妨げない。

第8章 各種委員会

各種委員会

第26条
本会の事業を行なうために、必要に応じて各種の委員会を置くことができる。
2
委員会の設置は、理事会の議を経て定める。
3
委員会の委員長は、理事長が指名する。
4
委員会の委員は委員長が推薦し、理事長が委嘱する。

第9章 事務局

事務局

第27条
本会の業務を執行するための事務局を置く。

事務局長

第28条
事務局に、事務局を統括する事務局長1名を置く。
2
事務局長は、理事の中から選任する。

事務局員

第29条
事務局員は、理事会の議を経て理事長が委嘱する。

第10章 幹事

第30条
本会に、必要に応じて幹事を若干名置くことができる。
2
幹事は、理事長が会員の中から指名する。
3
幹事の任期は2年とし、会務を補佐する。

第11章 会計

財源

第31条
本会の財源は、会費、補助金、寄付金およびその他の収入をもって充てる。

会計年度

第32条
本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

決算

第33条
本会の決算は、会計監査を経て、総会の承認を得なければならない。

付則

この会則は、2010年10月21日より施行する。